視力を回復についてあれこれ考えましょう。


by hkak1987

タグ:レーシック ( 2 ) タグの人気記事



視力が下がると、矯正のためのコンタクトや眼鏡が必要なので、
とても大変です。

視力回復に取り組む人の多くは、目が悪い状態で
日常の生活を営んでいることに不便さを実感しています。

遠くまで見える目を持っていることが重要な場面は
たくさんありますが、
特に球技や、モータースポーツをする時は欠かせません。

眼鏡をかければ、ある程度は下がった視力を補うことが
できますが、ハードな運動には都合が悪いこともあります。

レーシックによる視力回復手術や、
誰でも手軽にできる視力回復法など、
視力を回復したい人ができることは、
いくつか選択肢があります。

世の中で、視力を回復させたいという人が多いことから、
視力回復の手段は日々ふえています。

日常生活の中でディスプレイに向かって作業をする
時間が長くなる傾向があり、
視力低下に悩まされている人は大勢います。

だんだんと視力が下がって目が見えにくくなると、
身近な情報がとらえづらくなって、
日々の生活がきつくなったりもします。

パイロットや、スポーツ選手は、一定の視力がなければ
仕事を続けることができません。

一般の人でも、自動車の運転免許では視力チェックを
されますし、視力を回復させることは大事なことです。

目が悪くなる要因は色々あって、
暗い場所で本を読んだり、
輝度の強いディスプレイ画面を見続けるなどは要注意です。


男性専科

[PR]
by hkak1987 | 2016-07-06 09:39

レーシックの手術とは

レーシックが目の手術の1つだと言うことはご存知ですよね。

では、その目の手術とは具体的にどんな内容なのでしょうか?

レーシックの手術は、
目の中にある角膜にレーザーを当てる手術です。

と言っても、レーザーを眼球に当てるのではありません。
手術の前にきちんと眼球を固定するからです。


まず、角膜の表面にある薄い膜のようなものを、はがし、
角膜の一部だけは、まだくっついたままにしておきます。

くっついている部分が残ることで、蓋を開けた状態になるのです。

そしてレーザーで、角膜実質層に手を加えます。
つまり、この組織を削って、屈折力を変えるのです。

屈折力を変えたことにより、焦点が変わってきます。
それによって、はっきりと目が見えるようになるのです。

そして、蓋を閉じます。
蓋を元に戻せば、手術後の回復力がかなり高まります。


このレーシックにかかる時間は20分程度。
ほんの短い時間です。


もちろん、回復力には個人によって差があります。
でも、ほとんどの人が次の日には視力が回復しているということです。



外反母趾を整える
[PR]
by hkak1987 | 2013-04-13 20:13