視力を回復についてあれこれ考えましょう。


by hkak1987
レーシック手術は、目にレーザーを当てます。
また、角膜の膜をはがして、手を加える手術です。


こう聞いただけでも怖くなってしまいそうですね。

でも、それほど心配は不要ですし、怖がることは何もありません。
なぜなら、レーシックの成功する確率は、とても高いからです。



私の友人は2人ほどレーシックを受けました。
年齢も決して若くなく、50歳代なのですが。
て、今では快適な生活をしています。


手術には麻酔を施すので、痛みはほとんどなかったそうですよ。


レーシック手術は、野球選手やプロのスポーツ選手たちの中では、
視力回復の選択肢として、昔から行われていた手術ですよね。


昔は費用もすごく高かったようですよ。
なので、手術を受けられる人は限られていました。


ですが、今では一般人も受けられるほど身近になっています。

また、この手術の成功率が高いことも人気を呼びました。
価格が安くなったことに加え、抵抗なく受けられるようになりました。

視力回復へのリスクがあれば、一般には普及しないでしょうからね。


レーシックの成功率が高いのは、
最初に適応検査が行われていることにもあります

手術がその人の目に適応しているかどうかを、
きちんと事前の検査をしてから手術をするわけです。


成功する可能性の低い人は、たとえ本人が希望しても
レーシックが受けられないようになっています。

<a href="http://tyau.biz/gaihanbosi/" target="_blank">外反母趾を整える</a>

[PR]
# by hkak1987 | 2012-12-31 20:53

目が悪いことで不便に思っている方には
レーシックは良い手術だと思います。

レーシックの手術については、
雑誌や新聞に掲載されているので、目にする機会も多いこと
でしょう。

視力を取り戻す手術が、レーシックと呼ばれています。


一昔前なら、私達一般人がレーシックを受けることなど
選択肢になかったですよね。

例えば、プロのスポーツ選手など、必要に迫られる人だけが
多額のお金をかけてレーシックをしたのです。


ですが、レーシックによる視力回復手術は
日々、進歩し、価格も下がってきています。


レーシックの手術費用は、以前よりずっと下がり、
しかも、手術した日に帰宅出来るという便利さ。


手術と言えば、長い時間と入院が当たり前だと
思われますが、実際にレーシックの手術にかかる時間は
たったの20分程度。


痛みもないそうですよ。

簡単に済んでしまうのです。

しかも、レーシックは乱視でも遠視でも近視でも、
関係なく視力が正常に戻ります。


ただし、老眼は例外で、レーシックでは治せません。

残念ながら老化現象の一つである老眼は、手術でも治すことが出来ません。


レーシックの手術を受ければ、めがねやコンタクトレンズから
解放されるので、生活が便利になりますよね。



<a href="http://tyau.biz/gaihanbosi/" target="_blank">外反母趾を整える</a>

[PR]
# by hkak1987 | 2012-07-06 11:48

私は近視と乱視が、かなりひどく、
眼鏡とコンタクトレンズのお世話になっています。

眼鏡などと付き合いだしてもう25年。
コンタクトレンズも20年前からなので、慣れています。

ですが、裸眼で生きられたらいいな、といつも思っています。

コンタクトレンズも買い換えるとなると、
やはり何万円もかかります。

もちろん、格安のものもありますが、
目の健康のことを考えると、それなりの値段がかかります。

また、眼鏡だけだと、プール入浴の際には、眼鏡を取らないと
いけません。

こんな時は、やっぱり裸眼が一番良いなあと実感するわけです。
目の良い人がうらやましいと思う瞬間でもあります。

このような時に、
「ああ、レーシック手術を受けて視力を取り戻したい!」と
つくづく思うわけです。


<a href="http://tyau.biz/gaihanbosi/" target="_blank">外反母趾を整える</a>
[PR]
# by hkak1987 | 2012-02-04 10:58

眼鏡やコンタクトを使用する場合、一生にわたって費やす
金額を考えると、両目で20万円と言うレーシック手術は魅力的です。

このことが、レーシック手術を受ける人が増えた理由の
一つなのでしょうか。

お得感がある上に、煩わしさから解放されるのですから、
レーシックを選ぶ人が増えていることも納得です。

また、安全面、目の健康面でも、コンタクトを使うより、
レーシックの方が良いという考えもあります。

例えば、汚れたコンタクトレンズを使用していると、
目の病気になったり、失明する場合もあります。

その点、レーシックは信頼のおける病院でやってもらえれば、
あとは何も心配ありません。

また、職業上、ある一定の視力を必要とする場合などに、
レーシックを受けるケースもあるようです。


<a href="http://tyau.biz/gaihanbosi/" target="_blank">外反母趾を整える</a>
[PR]
# by hkak1987 | 2011-02-13 22:20

視力の過矯正


視力が悪いよりよく見えた方がいいに決まっています。
でも、それも程度もの。

単に視力の数字を上げればいいというものではないということです。

「過矯正」と呼ばれる現象ですが、
名称の通り、矯正をしすぎたと言うことです。

レーシックによって、視力が良くなり過ぎることは、
遠くの物が必要以上に見えすぎてしまうと言う問題があります。

見えすぎてしまうと、
常に遠くの物にも自然とピントを合わせようとしてしまいます。

その結果、目がひどく疲れたり、眼精疲労が起こります。
また、遠くが見えすぎるため、反対に近くの物が
見えにくくなることもあるのです。


<a href="http://tyau.biz/gaihanbosi/" target="_blank">外反母趾を整える</a>
[PR]
# by hkak1987 | 2011-01-12 20:44